2010年11月02日

葉が落ちる今頃に挿し木??


昨日、仕事がらみで曇り空の下片道小一時間ほどかかるところまで歩いて往復しましたが、その途中の山道に、実のなったマタタビの枝を見つけました。
 

マタタビは、同じマタタビ科(あるいはサルナシ科)のキウイ・フルーツと同じように雌雄異株(=オスの木とメスの木がある)で、ごくまれに雄花と雌花の咲くものがあるのだそうですが、実はメスの木になるということはわかっていても、そのメスの木を探すとなるとなかなか見つからないもののようです。
 

雨上がりの水滴が落ちるのを物ともせず、頭上よりも若干高い位置にあったその木の枝を何とか折り取ることに成功しました。実が一つついているので確かにメスの木の枝にちがいありません。
 

さて。折りしも葉は落ちかける晩秋に、いくら「時期を選ばないでよく発根する」といわれているからといって、挿し木をして根付くものかしら、とも思いましたが、ものは試し、と挿し木をしてみることにしました。
 

折り取ってきた枝を、今年育った新しい部分のみ、去年育った部分をつけたものなど幾種類かを、枝をバケツの水の中で切ってそのまま水に挿しておきました。
 

今朝、よく水を吸ったはずの枝を鹿沼土、赤玉土などを混ぜた用土を用意して挿し木し、水遣りして屋内の暖かくも寒くもないところに置いておくことにしました。
 

春までの間にひょっとすると発根するかもしれないし、春が来て暖かくなる頃まで枝が生きたまま保存できれば、新芽が出るにつれて発根しないかしら、と。
 

たまたま通りかかった山の道端の、何本もの枝が絡まったマタタビのどの枝がメスの木の枝かを春の新芽が出るころまで記憶しておくか、目印をつけておくことができれば挿し木をし発根させるためのより好ましい時期を選ぶことができるでしょうが、山の持ち主も居られるはずですし、人々の目があることでしょうし、なかなか思うようには行きません。
 

こんな時期に挿し木をして、と思われる方ばかりかもしれませんが、植物の生命力というのは時々計り知れない不思議を見せてくれることがあるようです。
 

筆者は去年の今頃当地へ引っ越してきましたが、旧居にはハギの園芸種「エドシボリ」の大きくなったひと本があり、萩の挿し木など簡単なもの、と枝を一本持ってきたのでした。
 

その枝を土の中に埋めておき、春に取り出して挿し木(=春挿し)をしたところ、無事に芽は出てきたのですが発根がうまくいかずに結局緑の葉や若い枝は枯れてしまいました。
 

その棒のようになった残骸をそのまま放置し、時々付近に置いたポット苗や鉢物に水遣りをする際に水がかかっていたのかもしれません。
 

今秋、再度我が家の引越し以来誰も住んでいない旧居に行ってみる機会があり、萩「江戸絞」の太い根を採取して「根伏せ」をしようとしましたがなかなか太い根を採ることができず、仕方がないので枝を一本折り取って持ち帰ることにしました。
 

その枝をバケツの水の中で「水切り」して一晩水に浸けておき、今春に挿し木したポットがあったことを思い出し、中身を出して新しい用土を詰めて挿し木をしようか、と。
 

ポットから何気なく三本のハギの枯れ枝を抜いて処分しようとして、中の一本が発根しているのに気がつきました。
 

何と、春に一度発芽し、その枝が枯れて枯れ木同然となった15センチ足らずの枝は、来年のための芽をつけ、根まで出していたのでした。ならば、前日に採取してきた枝とともに新しい用土で挿し木し直してみようか、と。
 

ハギの挿し木は「密閉挿し」の方が上手くいくのだそうで、鉢の周囲をラップ剤で覆っておくことにしました。

今日挿したばかりのマタタビも、このハギのような具合に何とか発根してくれないものかしら、と。
 

両方とも来春まで枝が何とか持ちこたえてくれれば、若木が手に入るかもしれませんが、どうなることかしらん。
 
なお、我が家の二匹の猫たちに、試みにマタタビの要らない枝の切れ端を与えてみたら、大ネコ(避妊手術済みのメス)もチビネコ(生後三ヶ月足らずのオス)もほとんど反応なしでした。冬の間挿し木をした鉢をイタズラされずにすむかも。時々点検するつもりですけれど。
 
posted by くーろ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・鉢物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日のtwitter

Kuhro / くーろ
あっという間に11月。発根しているフクシャの挿し木苗をポットに上げたり、カモミールの小さな苗をあちこちに定植したり、ようやく元気を取り戻したオンシジウムのひと鉢を植え替えたり。昨日ようやく手に入れたマタタビのメスの木の枝を挿し木したり。全て雨の中の作業で、外出したら一日終わり。 at 11/01 21:46
posted by くーろ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitterより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。