2010年12月01日

2010年11月30日のtwitter

Kuhro / くーろ
サクランボも花を愛でるだけの来春は、柿(渋柿)のつぼみを摘んでみようかしら。つぼみを摘み(摘蕾てきらい)、花を摘み(摘花てきか・てっか)、実を摘んで、大きな実を適度につけるようにすると果樹は毎年収穫が望める。産地はそうしている。実に手間のかかる作業ですわよ、言うは易し。 at 11/30 10:36

Kuhro / くーろ
フジの花が咲かなければ、どこかで花粉をもらってこない限り受粉ができないので紅玉の実はならない。木を作ることを第一に考えましょう、花は愛でるだけで、と。リンゴの花はかわいいものですわよ。サクランボ(ナポレオン)にも花芽が着いているように見えるのだが、今年植えた佐藤錦は咲かない。 at 11/30 10:33

Kuhro / くーろ
一夜明け、30日は外出の予定あり。その前に、気になっている渋柿とポポーの木の整枝(枝を付け根から切る?)・剪定(枝を途中から切る?)をしようか、と。去年植えた二年苗のリンゴ(紅玉)の剪定をすると、枝先の花芽を落としてしまうけれど、仕方がないわねぇ。来春はまだフジの花は咲かない。 at 11/30 10:31

Kuhro / くーろ
29日。その、隔離して様子を見ていたメンドリが早朝にバタバタ暴れたかと思うと手の中で息絶えてしまった。ずいぶん急だったが、コクシジウムによるもので鳥インフルではない。鶏小屋の掃除・熱湯消毒、堆肥を積んで一日が終わる。国司は旧居から持ち込んだものだろうが実にしつこい。 at 11/30 10:28
posted by くーろ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitterより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。