2011年07月07日

トケイソウが咲く、等々

トケイソウが咲きました。中心のメシベを時計の短針・長針・秒針、周囲の放射状に広がる部分を文字盤に見立てての命名と。

0707passion_flower.jpg
この花は、一日経つとしぼむ一日花ですが、つぼみが幾つもあり、大きな株のあちこちに咲いてなかなかにぎやかなたたずまいです。
粗忽な筆者は、当初トケイソウはクレマチスの一種ぐらいに勘ちがいしておりましたが、トケイソウは正しくはトケイソウ科・トケイソウ属(Passiflora)に分類される植物の総称で、学名は Passiflora caeruleaと。

英名の "passion flower" の "passion" は「情熱」ではなく「受難」、
3本の雌しべを磔にされたキリストの釘跡に、5本の雄しべはキリストの5つの傷、花弁と萼の10枚を使徒になぞらえ、巻きひげは鞭をあらわしている(→詳しくは、例えばこちら)、のだそう。 "passion fruit" は、和名を「クダモノトケイソウ」、実を食用にする近縁種で、最近は日本でも「パッションフルーツ」という名まえで果物が売られていますね。

話、変わって。

玄海原発のやらせメールについては、すでに公開討論会の前日にネット上では告発されていた※ように記憶しますが。

このような事が発覚すれば、他の原発の再稼動にも影響を与え、電力会社に対する不信感を助長するばかりだとどうして思わなかったのでしょうか。普通の人々がどんな意識を抱いているかを、一番感じていないのが電力業界なのかもしれない、などと。

故郷から避難し、避難していなくても日常的に被曝を意識して暮らさざるを得ないフクシマの放射能影響下にある地域の人々や、汚染された海・土地の除染をどうするのか、安全をどう確保するのか、汚染地帯から収穫される農林水産物をどうするのか、そしてそもそも今なお放射能を撒き散らし、海を汚染し続けている事故を起こした4基の原子炉をどう収束させるのか、どう収束させうるのか、現状、実際どうなっているのか、まったく先の見通しが立たないばかりか、地震列島の日本のどこでいつ大きな地震や津波が起きてさらに原発のどんな事故が起こるかわからないのに、何が再稼動か、と筆者はあきれてものが言えないのですが。

その原発が定期点検の結果「安全性に問題はない」となぜ言い得るのか、理解不能です。地震が明日にも起きるかもしれないのに、等々の疑問や不信感で一杯なのは筆者ばかりではなかろうと思うのですが。

そういう中で、あくまでも公明正大に物事を遂行することなくヤラセ・サクラで自分たちに都合のいい=原発再稼動・原発推進の意見が多数を占めました、などとやれば、結局は自分たちの首を絞めることになるとなぜ分らないのかしらん。


※2011年07月02日付けの「低気温のエクスタシーbyはなゆー」によれば:
〔玄海原発〕赤旗が「九州電力によるサクラ動員」のウラを取った!
    九電が”やらせ”メール 関係会社に依頼/再稼働求めて 国主催の説明会

    http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/e002d05254dc83075b9213442d846aee

    http://twitpic.com/5jq8fe

    (九電の原発部門の課長級社員は、国主催のテレビ番組(6月26日放送)に玄海原発(佐賀県)2、3号機の運転再開に賛成意見を送るよう、6月22日にメールで社員らに指示を出した。

     九電の複数の幹部によると、番組放送前後から「やらせ疑惑」の指摘がインターネット上に相次ぎ、共産党も追及する姿勢を見せていた。)


    《ツイッターでは6月25日からこの情報が流布していた》(太字は筆者による)

posted by くーろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。