2011年08月08日

このクワガタのメスは…


朝、台所の扉の前にクワガタのメスが一匹。我が家のネコが捕まえてきたものかどうか、クワガタは元気そうな様子で足などにも欠損はないようでした。念のためにデジカメを持ち出して戸外へ連れ出し、板の上に乗せて一枚撮影しました。
0808miyama.jpg


そのまま放っておくと、ネコ…少なくとも生後約一年の好奇心たっぷりの方…におもちゃにされそうなので、ここはネコたちの姿がないうちに、と捕まえて我が家の前に広がる森に放しに行こうと。

手の平に載せると、指につかまったり歩いたりとなかなか元気がよさそうです。

ヒラタクワガタかコクワガタのメスかな?という気がしましたが、特徴は、と観察すると、お腹側の足の一番体に近いところに黄色い斑紋があります。あとでサーチ・エンジンに相談してみよう、と。

我が家への進入路は沢に沿っていて、がけには数十センチの太さの樫の木…常緑・落葉の両方のドングリのなる木…がいくらでもあります。その一本の幹にクワガタを止まらせて家に戻ることにしました。

さて。これは何クワガタかしら、と調べてみることにしました。クワガタのメスはどれも似通っているもので、筆者は子どものころにはカブトムシはじめコクワガタ、ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ等々を捕まえたり飼ったりしたものでしたが、それぞれのクワガタのメスがどんな特徴を持ち、見分け方はどうだったかはさすがに何十年も経つと思い出せませぬ。

検索すると、有難い世の中になったものでそれぞれのクワガタのメスの画像つきで見分け方を解説したサイトに行き当たりました。

足の黄色い斑紋から、今朝のクワガタはミヤマクワガタ(ミヤマクワガタならば、学名は Lucanus maculifemoratus)らしい、と。

ミヤマクワガタ!オスは、独特の大あごを持ち、筆者が子どものころの愛知県でもすでに珍しかったもので、捕まえるとちょっとした宝物でした。この頃は激減してしまったのではないでしょうか、我が家の台所に放置するうち、猫のおもちゃになってしまうよりは、森に戻してよかったかな、と。

posted by くーろ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 間近のものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日のtwitter

Kuhro / くーろ
(続)ただし。この甘茶を採取したアマチャの木は、旧居で地植えになっていたもので、春から7月終わりまで被曝してきた。少なくとも今手元にできた甘茶は放射能を吸っているだろう(計測したら何ベクレル出るのかしらん?)から、大っぴらに飲むことはやめておこう、と。 at 08/07 16:29

Kuhro / くーろ
雨勝ちの天気のせいもあり、干し網に入れた甘茶が今日になってやっと乾燥した。早速湯呑に入れてポットのお湯を注ぐと、少し甘い。ならば、と鍋に入れて煮出してみた。今度は甘い、甘い!カロリー0と。 at 08/07 16:25
posted by くーろ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitterより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

2011年08月06日のtwitter

Kuhro / くーろ
今日8/6は広島原爆忌。原爆が「投下された」とまるで当時の侵略戦争に対する懲罰のように日本人は自らこう言い続けている。けれど、広島の無辜の市民の頭上に大量破壊兵器を落としたのはアメリカでしょ?なぜ、66年も経った今年になってなお「アメリカが原爆を落とした」と表現しないのだろう? at 08/06 13:07

Kuhro / くーろ
(続)クマゼミは、筆者が子どものころの関東地方にはいなかった、と聞いたことがある。それがいつの間にか東京でもクマゼミの「シャーシャーシャー」が聞けるようになった、と。何が原因にせよ、温暖化のせいだといわれているらしい。 at 08/06 13:02

Kuhro / くーろ
約13年ぶりに「東京標準よりも少し寒」くない地方に住むことになった。(放射能の影響で??)少ないところもあるらしいけれど、当地にセミはいくらでもいる。ニイニイゼミ、ヒグラシ、アブラゼミ、ミンミンゼミと次第ににぎやかになってきた。この先暖地の産といわれるクマゼミは鳴くかしらん? at 08/06 12:58
posted by くーろ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | twitterより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。