2011年08月05日

空芯菜を池に

空芯菜(くうしんさい、アサガオ菜、エンサイとも)の新鮮なものを見つけ、茎の下の方から根が出かかっていたので5センチぐらいのところで切って水に挿しておきました。上の方は食べることにして。刺し穂は葉を約1/3ほどに切り、一応水切りしておきました。

三日ほどして根が少し伸びてきたので、庭にある池に下ろすことにしました。水深はせいぜい5センチぐらいしかないので根が浮いても深い水の中で溺れることはなかろう、と。

エンサイは、去年までは乾いた畑に植えて育てていましたが、田んぼや水路のようなところでよく育つというのを試してみたいと思っていましたので、今年はそういう環境が我が家にできた、と。

7/4以降、以前住んでいたひとが作ったものの水がうまく流れたり溜まったりしなくなっていた水路と池に、水場からの排水が流れるようにしようと試みたことを、7/4付けの記事「水路の作り方」に、翌7/5付けの記事「何でもかんでも世界遺産に…」は、日本食を世界遺産にしようという人々がいるのだそうだけれど、よその誰かから認められなけれは安心できないのかしらんと思ったことを、ご興味のある方はリンクを作っておきましたのでどうぞ。


posted by くーろ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。