2011年08月23日

ミツマタ、発根

ミツマタを挿し木したものを旧居から持ち込んでずいぶん経ちます。

鉢の底から根が出ているのに気がついていましたが、何種類もの枝を挿してあるのでどれが発根したのやら、と確かめてみましたら、ミツマタ(学名:Edgeworthia chrysantha)でした。
0823mitsumata.jpg

和紙の原料になる「コウゾ、ミツマタ(楮、三椏・三叉)」のミツマタは、新しい枝が三本出ることからついた名まえなのだそう。ジンチョウゲ科ミツマタ属、茎葉や花のたたずまいは沈丁花を思い出させるもの。落葉樹のミツマタは、まだ寒い早春に黄色や朱色の花を咲かせ、ふんわりとした香りがあって、などなど。

旧居の近くの、持ち主が誰かわからない道端の一角に植えられていた木から、剪定するならばまず真っ先に切り落とされそうな枝を一本いただいてきて挿し木したのはいったいいつだったかしら、と手元のメモをひっくり返してみて、5/25の日付を見つけました。発根まで約三ヶ月かかったことになります。同じ頃に挿し木したマンサクはまだ発根していませんでした。

さっそく2号鉢に少し肥料分を加えて植えておきました。室内で管理していたものを急に戸外に出して大丈夫かと思いましたが、目下、雨模様のまるで秋のような肌寒い日が続いているうちに、外の湿った風に当たる方が晩夏のこの季節にはいいかもしれない、とひさしの下の直射日光があまり当たらないところにおいて様子を見ることにしました。

秋にはあまり生育は望めそうにないものの、来春には取り敢えず、一つだけでも芽が出てくれば、その後は名まえのとおり新しい枝を三方に、三方にと出してそのまま育ってくれないものかしらん。
posted by くーろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・鉢物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。