2011年02月07日

福寿草のつぼみ

一昨年の晩秋になりますが、当地への引っ越しの際に、旧居から福寿草の芽を五つつけて株分けしたものを連れてきました。

その福寿草は、去年の春先に無事に黄金色の笑顔をいくつも見せてくれましたが、花後に出た茎や葉は、通常は秋まであるものなのに、夏まで持ちこたえないで早々と枯れ、地上部が何もなくなったまま秋を迎えてしまい、移植に失敗して枯れてしまったかな、と半分諦めていました。

が。晩秋になって、そばにある実梅の葉が落ちたので、枝の整枝・剪定をしながら地面を見ていたら、福寿草のあったところにいくつか芽が出かかっているのに気がつきました。

量は少ないながら何度かの積雪にも、一月下旬の低温にもめげずに、芽は少しずつ育ってきた模様で、数えてみると七つに増えています。
0207fukujusou.jpg

例年通りなら、当地での福寿草の開花は三月に入ってからなので、笑顔を見られるのはもうしばらく先になりそうですわね。

それにしても、よく生き残ってくれたもの。あるいは去年のいつまでも寒い春に、秋が来たものと勘違いして早々と冬ごもりしてしまったのかしらん。
posted by くーろ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

リンドウの種

画像に付けた日付によれば11/19に「趣味の菜園」に続く隣の空き地(耕作放棄地、失礼!)で、リンドウの花が咲いているのを見つけたのでした。
1119rindou.jpg


場所が場所なだけに、草刈機であっという間に刈り取られてしまうかも、と、多分冬の間は草刈は行われないだろうから、種を採取できるかも、と咲いている位置を憶えておいたのでしたが。

花が咲いてふた月ほど経つと種が熟すとの情報があり、時々様子を見に行っていたのですが、今日になって花の咲いたあとのサヤの最上部が開いているのに気がつきました、種の採取ができそうです。
1229rindou.jpg


撮影後、一つのサヤを採り、中の種がこぼれないように垂直に持ったまま家に戻り、種を出してみました。埃のように薄くて細かい種です。発芽するものかどうか少々心配になりますが、このまま播いておくことにしました(採り播き)。
1229rindou2.jpg
来春、果たして芽が出てくるものかどうか、スイフヨウ、タラゴン、イカリソウの鉢に播いた、と忘れないようにここに書き留めておくことにしました。
posted by くーろ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで? ずいぶん寒いよ!

当地は、というよりは全国的といってもいいような雨模様のお彼岸のようですが、昨夜から、時にかなり強い雨が降り続いています。

日付が今日に変わる頃には18度Cあった気温は朝9:00頃には16度Cにさがり、その後は14度Cのまま明日の未明まで続き、明日の最低気温は何と12度Cにまで下がるとの予報が出ています。

過去一週間ぐらいの間は最低気温18度Cぐらいはあったので、急に寒くなる感じがします。

今夕、何となく肌寒さを感じて、鉢物のうち寒がりそうなふた鉢を玄関先に取り込んだばかり。山勘が当たったかもしれませんが、実際に何度まで下がるかは明日になってみないと判らないですね。

…などと書いて、改行がどんなhtmlになっているかを確認してみよう、と。前のブログからインポートした記事の改行を表示させたいと思いまして。

何だか、こんなことばかり書いていますね、ここ二、三日は。早く何とかしたいところ。
posted by くーろ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。