2011年03月06日

シンビジウム、ピンクの発色

昨春の寒さに、我が家のランはどうなることか、と少々心配したものでしたが、当地でも続く夏は…近所の人々に言わせれば「猛暑」、愛知県・名古屋の蒸し暑さがしっかりと体に叩き込まれている筆者には理想的な陽射しと高温…夏らしい夏で、ランの出来はいい方だという感じがしていました。

秋には花芽がいつもよりは多めにつき、どんな春が来るかと楽しみにしいたのですが。

今冬は少々寒い日が多かったかもしれませんが、我が家のシンビジウムはやっとこの頃になって開花が始まりました。

とはいっても、ひと鉢は4本出た花茎をつぼみのまますべて切り取りました。もうひと鉢も、6本出ている花茎のうち、一本は咲かせないで切った方がよさそうです。

一方、年によっては白く咲いてしまう「プレリュード」は、今年は思い通りにピンクに発色してなかなか美しいたたずまいです。

画像、一枚目は今年の「プレリュード」、二枚目は昨年の同じ鉢。花の色が、光の具合などではなくたしかにちがいますが、何故かを考えてみると、今年は一月の終わりごろに気温の低い日が続いたために「ピンクのシンビジウムをきれいに発色させるには、低温下で管理する」ことになってしまったからだと思われます。

その低温が、花茎を切り取ることになってしまったふた鉢のシンビには寒すぎたのかも。

今冬は、ランの冬の管理に当たって、光のより当たる部屋に置いてみたのですが、日中は…寒い日に外出することもありましたが…暖房を止めてしまうことが多かったので、例年よりは少し寒かったかもしれません。もう少し温度を暖かく保つ必要がある…のでしょうかしらん、難しいものですわねぇ。
posted by くーろ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・鉢物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

鉢物をそろそろ外へ

東京標準よりも少し寒い当地でも、さすがに冬の終わりを感じるこの頃、月半ばに降った雪が連日、日中の陽射しと気温の上昇…とはいっても最低気温は相変わらず氷点下、上も10度Cを越えることはまれ…で見る見る消えていくのを見て、厳冬期に玄関に取り込んでおいた鉢物のうち、耐寒性はあるが極小だったり挿し木してまだ一年経っていない苗木で外に出しても差し支えなさそうなものを戸外に出すことにしました。

オリーブの幼苗、昨春に挿し木して一応花が咲くまでに至ったスイフヨウ、夏に挿して芽が順調に伸びたあとまだ葉が落ち切っていないハコネウツギ、初夏に挿し木して新しい枝が出てきたサツキ、晩秋に種蒔きし、全滅したときのためにと屋内に入れておいたソラマメとエンドウの芽生え、等々。

ハーブ類のうち「静岡以西ならば路地でも越冬」するといわれるレモン・バーベナは、昨春久しぶりに植え替えをしたら、鉢土の中からコガネムシの成虫と幼虫が出てきてびっくりしたのでしたが、目下葉がすべて落ちたままなのでもう少し屋内に入れておくことにしました。今後暖かくなったら株の更新を考えた方がよさそうで、古株の根元にはコガネムシ類の食害の跡の大きな穴が開いたまま。

多少の寒さならば戸外で耐えられるでしょうがまだ小さいので、と入れておいたタラゴンは無事に越冬して新しい芽が二つ萌え始めています。今年はこの株をできるだけ増やしたいものですが、どうなりますやら。

種蒔用の土を調合し、陽に当てながら攪拌して一度乾かしておきましょう、と。

なかなか朽ちない杉の枯れ落ち葉は、その後少しずつ量が減って…萎れたり枝と枝の間の空間がなくなったこともあるでしょうが、腐食化した部分が増えて…最初に積んだときの半分ぐらいの山になったように思います。

杉などの針葉樹の落ち葉がもし腐食化しなければ、林の中には数十年分の枝葉が積もったままになっているはずで、時間はかかるものの堆肥・腐葉土にならないわけではないはずですわね。

午後には外出してほぼ一日が終わり、疲れ果ててメールの確認もしないまま寝てしまいますが。
posted by くーろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・鉢物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

芽が出始めたなら

部屋の隅においてあるプレイオネ(2009年にホームセンターで売れ残りが半額になっていたものを我が家に迎えたもので、バルブ(根塊)2つは花をつけず、一年後の昨年春に殖えたバルブから二つ花が咲き、今年で三年目になるタイリントキソウ)にかぶっていた水苔をそっとどけたら、芽が出掛かっていました。ならば、と植え替えることにしました。

0212pleione


画像向かって右は、バルブの上を覆っていた生きた水苔。左は、水苔を取り去ったところで、一部青い水苔の上に出ていたものも乗せてあります。 確か去年の今頃には大小合わせて7つほどだったはずのバルブはびっくりするほど数が増えていました。花が咲くほどに育ったものがいくつありますやら。


植え替えとはいっても、バルブはまだ発根していないので、右の青い水苔を使ってバルブの半分ぐらいが水苔に隠れるように置き直しただけですが。


引き続き室内の同じ場所に置き、芽が伸び始めたらもう少し光の当たるところに出してやるつもりです。


4月から5月にかけて咲いてくれればと思っていましたが、今年も少し早めに発芽させてしまったかもしれません。
posted by くーろ at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・鉢物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。